専門的な治療|アルツハイマーなどの疾患が発症したら

このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶障害に関わる神経疾患

ガッツポーズの男性

高齢者と若年層に発症

アルツハイマーは、記憶障害などの痴ほう性の症状を示す神経性疾患の一つです。近年、この疾患に関して多くの関心が寄せられています。その理由の一つは「高齢化社会」の進展です。多くの場合、高齢者になるほどアルツハイマー病に罹りやすいことが判明しています。高齢者が多い日本において、多くの方がアルツハイマー病に関心を抱くのは不思議なことではありません。もう一つの理由は、若い方でもアルツハイマー病になる若年性のタイプが発見されたことです。これまでは高齢者特有の疾患と思われていたものが、若い人でも発症することが分かり、より多くの方がこの疾患に対して注目するようになっています。新聞などでも若年性アルツハイマー病に関する記事が掲載されることがあります。

世界中の研究者が研究

このアルツハイマー病について、世界中の研究者たちがその原因と治療法を研究しています。既にご家族の中でこの疾患に罹っている方がいる場合は、マスメディアや科学雑誌などによく目を通すとよいでしょう。現在の研究の進展状況や、最先端の治療法などに関する情報を得ることができるためです。現在では根本的な治療法は見つかっていませんが、発症のリスクを抑制したり、症状の進行を遅らせることが徐々にできるようになっています。また親戚の中にアルツハイマー病を発症した人がいる場合は、自分にもその発症リスクがあるかどうか医療機関で診てもらうことが早期発見につながることがあります。その理由は、これまでの研究の中でこの疾患に遺伝性の可能性が見つかっているためです。必ずしも発症するわけではありませんが、その可能性があることを気にとめておくことはリスク管理の上で重要です。

足がパンパンだと感じたら

脚

むくみは体内のナトリウムとカリウムのバランスが崩れることで起こります。現代の日本人はカリウム不足になりやすい食習慣なので、カリウムを取るように心がけます。食事でとることが難しかったらサプリを利用するのもおススメです。

体の冷えを自力で改善する

ブランケットを持つ人

冷え症の人は便秘や下痢に悩まされていることが多いです。自力で冷えを改善する場合は、まずはバランスのとれた食事を心がけましょう。また、小麦粉の摂取量を減らすことも大事です。小麦粉は体を冷やす作用があります。

Recommended

  • アルツハイマーを予防する方法ガイド

    アルツハイマーの予防普段の食事の仕方で行なうことができます。詳しい情報はこのサイトに掲載されているので、確認しましょう。

更年期の特徴と対策

頭を抱えるウーマン

更年期障害の主な症状は、発汗やほてりです。始まる時期は人によって異なり、障害の続く期間も1年程度から数年以上と幅があります。更年期の不快症状を抑えるために、ホルモンを補充するための薬が有効です。豆乳も役立つと言われています。