専門的な治療|アルツハイマーなどの疾患が発症したら

このエントリーをはてなブックマークに追加

体の冷えを自力で改善する

ブランケットを持つ人

バランスのとれた食事を

冷え症の人は便秘か下痢、あるいはその両方を交互に繰り返すと言うのが特徴的です。冷えが胃腸の機能低下を招くので、このようなお腹のトラブルが起こるわけです。冷え症が改善されれば、便秘や下痢に悩まされることはなくなるでしょう。体の冷えは、基本的には自力で改善します。病院で治療してもらうと言うことはほとんどありません。しかし、病気が原因で冷え症になってしまうこともあります。あまりにもひどい冷えの場合は、病院に行くことも考えなくてはいけません。自力で改善する場合は、まずはバランスのとれた食事をすることが重要になってきます。体を健康に保ち、冷え知らずでいるには、適切に食物を摂ることが大事と言うことを分かっておきましょう。

小麦粉は避ける

冷え症の人は、できる限り小麦粉の摂取量を減らすことです。小麦粉はダイエットの大敵なので、美容に良くないと言うイメージがありますが、体を冷やす作用もあります。小麦粉で作れるものの多くは、米粉でも作ることができます。米粉は体を温める作用があるので、積極的に使うようにしましょう。また、くず粉も小麦粉の代用として使えます。これも冷え症の人にはおすすめです。さらに、モチと酒粕もストックしておくといいでしょう。朝はトーストと言う人が多いですが、体を冷やさないためにモチにすることです。また、酒粕は健康食品並みに体に良い効果を与えてくれると言われています。みそ汁に少し入れて飲むだけで、体がポカポカしてきます。