専門的な治療|アルツハイマーなどの疾患が発症したら

このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期の特徴と対策

頭を抱えるウーマン

更年期の特徴とは

女性は一定の年齢に達すると、更年期が始まります。更年期になったときにどのような症状が出るかは人それぞれです。更年期障害と呼ばれる種々の不快症状に悩まされる人もいます。更年期障害の症状として、急に全身の汗が止まらなくなることもあれば、足など一部だけにほてりが生じることもあります。更年期障害を引き起こす原因は、女性ホルモンの減少です。特にエストロゲンと呼ばれるホルモンの減少によって、自律神経への影響が顕著になります。更年期障害が発生する時期や期間は人によります。閉経を迎える時期はおよそ45歳から55歳の間です。不快症状が生じた場合、1年から数年程度続くケースがほとんどです。それよりも長い場合もあります。

更年期に対処する方法

更年期障害は、医師の診断を受けた上で適切な薬を使うことで軽減できる場合があります。一般的には、減ってしまったホルモンを補充するという方法が用いられます。ホルモンを補充する薬には、いくつかのタイプがあります。毎日数回飲む必要がある飲み薬もあれば、一日一回貼り替えればよい貼り薬もあります。1週間に二回だけ貼りかえるタイプもあります。塗り薬もあるので、自分の生活リズムに合わせて選ぶことが出来ます。薬以外でも更年期症状を軽減するのに役立つと言われているのが、豆乳です。豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。それで毎日コップ一杯程度を取り入れることで、更年期障害を軽くする効果が期待できます。